よくある質問

日頃よく聞かれる、スキーやスキースクールの質問をまとめました。

スキーのことや、アクセスのこと、さまざまな質問を、ジャンルごとに分けてあります。

ご不明な点や、疑問点はなんでも、お気軽にお問い合わせください。

アクセスのQ&A

  • 都内から行きたいのですが、どのルートが良いですか?
  • 東北自動車道を目指し、栃木県 西那須野塩原ICで降りてください。その後は国道400号~国道121号~国道289号経由で会津田島を目指してください。IC降りてから約70分で会津高原だいくらスキー場です。
  • 雪道の運転に自信がないのですが、峠道などはありますか?
  • だいくらスキー場までの道は比較的安全で、きついカーブもほとんどありません。ただし、積雪量は多いので、スタットレスタイヤやチェーンは必要です。安全なスピードでおこしください。
  • 車以外のアクセスを教えてください
  • 電車でお越しの方は、新宿や池袋から直通で来れるようになりました。(特急スペーシア+快速)
  • 東武浅草駅乗車、会津田島駅下車では、乗り換えなしの電車もあります。約3時間から3時間20分です。
  • バス利用の場合は、JR宇都宮駅より毎日運行しているバスもあります。
  • 夜到着予定ですが、スキー場の施設や駐車場について教えてください
  • スキー場の駐車場は24時間オープンでトイレも開放しています。ただし、仮眠施設はありません。駐車場料金は前日無料です。

初めてのレッスンについてのQ&A

初めてスキーレッスンを受けられる場合、どなたでも不安があると思います。

わからないことはまず質問していただき、不安を解消して初めてのスキーにチャレンジしてください。

  • 初めてスキーです。グループレッスンとプライベートのどちらがいいですか?
  • もちろん、1対1のプライベートレッスンが効果的です。お客様のテンポにあわせ、できるだけ早くリフトに乗って滑れるようにレッスンをいたします。また、安全管理においてもマンツーマンのほうが安全です。初めてのスキーはプライベートスキーレッスンがオススメです。
  • はじめてのスクールですが、レッスン時間はどのくらいがいいですか?
  • お客様の技術レベルにもよりますが、1.5時間か2時間くらいがよいでしょう。だいくらスキー場は土曜、日曜でも比較的空いており、リフト待ちも少ないです。ワンライン中心で沢山滑りますので、短時間でレベルアップが可能です。元気でしたら、延長することも可能ですし、疲れたら、スクールハウス内でコーヒータイムもできます。
  • スキーへの集中力が途切れない一時間半がベストです。
  • スノーボードは危険だと言われますが、初めでも大丈夫ですか?
  • 当スキースクールは安全に滑走することをレッスンします。安全なころび方、安全なラインどりなどを理解した上での滑走は危険を回避するもっとも重要だと思います。安全にスノーボードに挑戦したい方は、特に当スキースクールのレッスンはおすすめです。また、希望により、ヘルメットのレンタルもおこなっています。
  • スキーとスノーボードどちらが楽に滑れるようになりますか?
  • スクールのレッスンに入校することで、できるだけ疲れないように努力しますが、どちらかというと、立って待っていられる2本足のスキーのほうが、楽だと思います。スキーである程度滑れるようになってから、スノーボードを始めると上達も段違いに早いです。
  • 迷われるようでしたら、スキーをオススメします。

キッズ(幼児、子供)レッスンについてのQ&A

当スキースクールのキッズスキーレッスンは4歳から6歳までの幼児レッスン、6歳から12歳までの子供スキーレッスンをおこなっています。子供さんが楽しく上達できるようにレッスンをすすめていますので、安心してスキーにチャレンジさせてあげてください。

  • 子供の足のサイズが16cmしかなく、用具がありません。
  • どうぞ、ご安心ください。当スキースクールでは、幼児用スキーセットをレッスン入校者に限り、有料にてレンタルをおこなっております。スキーブーツ14cmから、スキー板は60cmからご用意しております。ただし、数が少ないので、必ず事前にご予約をお願いいたします。
  • 息子(4歳)は、かなり人見知りですが、入校しても大丈夫でしょうか?
  • 幼児レッスンに初めて入校される方は皆さん、同じように不安があると思います。当スキースクールでは、無理やりスキーをすることはいたしません。お子様とコーチがしっかりうちとけ、コーチを信頼するまで、時間をかけます。また、途中泣き出してしまった場合は、ゲレンデ内にある、スクールハウス内で、絵本やビデオを見ながら、落ち着くのを待ち、お子様の不安をとりのぞき、ご本人がやる気をだすようレッスンしていきます。最初の入校時は、年齢が小さいほど、泣き出すお子様が多いのですが、次第にコーチやスクールにも慣れ、楽しくスキーができるようになっています。もし、レッスン開始から30分以内でスキーが難しいと判断した場合は、レッスン料金をお返しいたします。
  • 何回くらいでスキーが1人で滑れるようになりますか?
  • 年齢や、性格、普段の運動量などにより、かなり個人差はありますが、平均で5~6回程度で初心者コースをプルークボーゲン(ハの字)で1人で滑れるようになるでしょう。そこまで上達するとご家族一緒に滑ることができるので、楽しいスキーになります。
  • ご家族でスキーを楽しんでください。
  • 子供の体が小さいので、リフトに乗る時、落ちないか心配です。
  • 小さいお子様の場合、リフトのちょっとした振動でも、落下してしまう危険性があります。レッスン中にリフトを使用する場合、初めてリフトに乗るお子様、年齢の小さなお子様を優先に必ずコーチといっしょにリフトに乗るようにしております。また、年齢の大きいお子様やリフト経験の多いお子様と組み合わせるなど注意していますし、リフト係にリフト乗り場、降り場でのサポートをお願いして、安全に乗り降りできるよう心がけています。お子様ご本人にも、深く腰掛ける、リフトのバーにつかまっているなど、事前に注意を促し、シュミレーションをおこなってから乗るようにしています。
  • 小学生に、スキーかスノーボードのどちらをやらせるか迷っています。
  • 小学生の場合、体が成長過程なので、横のりスタンスを長時間することや転倒の際、骨盤がずれるなどの可能性があります。また、大人の方と違い説明への理解力も少ないです。当スキースクールでは、安全面の配慮の点からもマンツーマンレッスンの場合に限り、小学生のレッスンをお受けしております。できれば、スノーボードは中学生ぐらいからが理想的で、小学生まではスキーをしっかり練習することが、その先スノーボードに転向した際にも有効だと思われます。まずはスキーからはじめてください。
  • 5年以上子供がスキーをしていますが、まだ、スキーが平行になりません。
    レッスンを受けるとパラレル(スキーが平行)になりますか?
  • かなり多い要望です。ただ、小学生以下のお子様の場合、筋力の発達が大人に比べて、少ないので、なかなかスキーは平行になりません。筋肉の成長に伴って、スキーの板を平行にして滑れるようになります。筋肉の発達を待たずに、無理してスキーを平行にしてしまうと、ターンの横ズレが多くなり、スピードもだせなくなります。お子様にとっては、形の美しさより、スピード感アップのほうが重要ですし、お子様の頃の限界スピードの範囲を上げることが、大人になってからのレベルアップを左右します。また、他のスポーツにも共感します。スキーを揃えることがいいとは限らないのです。